読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

訃報と怒りと

医療大麻裁判を闘っていた山本正光氏が亡くなった。
http://iryotaima.net/wp/?page_id=4316
ご冥福を祈ります。
本来なら病気とだけ闘っていくべきだったのに。

ただ残念で悲しい。

次回8/2が最終弁論で
9月にも判決。
かなり手応えがあったという。

だがこの裁判は
被告人の死亡という形で公訴棄却となり幕を引くのだそう。
怒りに震える。

そして今日は朝からTVは大騒ぎ。
戦後最大だ!
津山事件以来だ!と。

犯人が逃走中ならともかく
既に自首して確保もされている。
ろくな情報もなく憶測ばかりでモノを言う自称評論家。
こんな映像の洪水に何の意味があるのか。

犯人が大麻をやっていたとの情報で
大はしゃぎする馬鹿者たち。
ホントにウンザリだ。
それにしても何故山本氏が逮捕されて
この犯人は大麻で逮捕されていなかったのか。
不条理だ。

大はしゃぎする輩には是非難病をプレゼントしたい。

皮膚科

昨年入院中ついでに診てもらった皮膚科で
いずれ除去するよう勧められた背中の大きな粉瘤。
当時は血液サラサラの薬を飲んでいたため
「取るなら薬やめてから半年後」と言われていた。
約束の時期が来た。

どこでもいいと言われていたので
職場至近の皮膚科へ行くと
早速手術を勧められて決行。
今日は診察だけかと思っていたので予想以上の展開。

当初手術は30分程度と言われたが
実際は小1時間かかった。
やはりかなり大きかったのだそう。
具体的には約4センチでうずらの卵ほどの大きさ。

最初の麻酔は結構痛かったが
痛いのはほんの数秒ほど。
30分ほどもグリグリやられた
悪夢の髄液採取に比べれば何てことない。

術中は痛みは皆無。
麻酔切れた後の痛み止めとしてロキソニンが処方された。
会計や薬を待っている間に
なんとなく背中がチクチクして来た気がしたので早速服用。
このまま痛みが激しくならなければいいな~。

眼圧順調に低下

朝から3カ月ぶりに入院していた総合病院へ。
予約の9時ぴったりに到着すると
なかなかの混雑ぶり。
まあいつものことかな。

30分ほど待つと名前を呼ばれ
空気をプシュっと眼圧測定。
そして視力検査もやって
また待合所に戻る。

それから待つこと1時間半。
11時ようやく診療開始。

ほぼ2時間待ち。
11時に予約した人はどうなるのやら。
13時以降になるのは確定と思われるが。

この病院は8時半診療開始。
病院が開いてから30分後の予約が
150分後になるということは
予定よりも5倍時間かかっているということで
150分後の予約は750分後!?
まあさすがにそれは無いか。

診察自体は10分弱で終わった。
最初の空気だけでやる検査が失敗だったそうで
直接眼に器具と何やら青い光を見つめる検査も追加。
その結果眼圧は両眼とも10と順調に低下。

次回はまた3カ月後。
すっかり秋だね。
今度は視野検査もあるそう。
眼圧下げる目薬キサラタンは
また4本処方された。

昼過ぎ帰宅し軽く昼寝。
夕方出社し夜帰宅。
最近は金曜はすっかり車通勤。

楽なので病みつきになってるが
毎日というわけにもいかない。
金曜限定で。
歩かないと運動不足にもなるし。

司会は巨泉

大橋巨泉氏の訃報に接した。

複数の記事によると
モルヒネ系鎮痛剤の過剰投与による影響で最後は体力を急激に奪われた」
という夫人のコメント。

現在日本では医療モルヒネは合法。
脳出血で入院した私の父が激しい頭痛を訴えた際も投与された。
今度会った時は詳しく感想を聞いてみよう。

巨泉氏は晩年カナダでも暮らしていた。
あちらは大麻合法。
ぜひ医療大麻啓蒙活動とかして欲しかった。

最後は大麻非合法の日本にいたとは。
モルヒネによって命を縮めたのであれば
残念に思う。

鳥越氏も癌からの生還をアピールするのであれば
医療大麻問題にも触れていただけないものか。
果たして興味があるのかも分からないが。

まあ私自身もモルヒネ大麻の違いすら分かっていなかった。

f:id:tahatsu1126:20160721105528j:image

目指せ70代

声優の神谷さんが結婚と聞いて
キン肉マンのオッさんつーかお爺さんなら
もう70過ぎじゃなかったっけ?
と思ったらどうやら違う人らしい。

かと思えば違う70代は出馬会見とかしてて
このお爺さん数年前に死ななかったっけ?
と思ったらそれもどうやら違う人らしい。

人生で今が一番元気なんだそうな。
言ってることは滅茶苦茶で
相当耄碌してる気がするが
元々こういう人の気もする。

人のこと言ってる場合じゃない。
色々記憶がおかしい40代。
私も70代まで生きられるよう頑張ろう。
目指せこん平師匠だ。

ちなみに私が思った冴羽獠の神谷氏は
まだギリギリ60代と判明。
最後にこれは反省。

1票の格差撲滅作戦

合区はダメだの
1票の格差違憲だの
結果出てからの文句。
どないせえっちゅうねんと。
私自身も相当軽んじられてる地域の住人だが。

総務省のサイト見ると
有権者数のエクセルが置いてあったから
何となく計算してみた。
我ながらヒマだ。
計算自体は小学生でも出来る
割り算と足し算のみだが。

まず第1目標は合区を一切せずに
一票の格差を2.0未満にすることとした。
基準は鳥取となる。

 f:id:tahatsu1126:20160713070438p:image

ところがこれでは全選挙区の合計が132となり
改選議席数121を軽く超えたため断念。
大変申し訳ないが鳥取島根に関しては
合区するのはやむを得ないという結論です。

そこで鳥取島根だけ合区とした試算結果がこちら。
この場合基準は高知となる。

f:id:tahatsu1126:20160713070554p:image

合計は102。
お。
何とかなりそう。
残りを比例に回せばいいのでは。

ちなみに現実と同じく
徳島高知も合区とするとどうなるのか。
基準は福井となる。

f:id:tahatsu1126:20160713070700p:image

この場合の合計は99。
ん〜さっきと大して変わらんね。
つまり徳島高知は合区にまでする必要性は
現時点ではまだ無いじゃんと結論。

続いては出来るだけ格差を縮めたい。
先ほどは2.0未満なら良しとしたが
出来るだけ少なくしたらどうなるか。
全選挙区を限りなく1.0に近付ける結果がこちら。

 f:id:tahatsu1126:20160713070806p:image

合計が145となり改選議席を大きくオーバー。
一番公平だろうと思うが
この方法もどうやら無理そう。
上手くいかないもんだ。
東京の議員数17ってのもやり過ぎな気はちょっとする。

そこで最大格差をまず決め
それ以内なら許容とする方針はどうか。

定数1で最大格差になってしまう選挙区を探すと
山口県の1.90が該当する。
そこで他の選挙区もこの格差以内なら
認めるものとした試算結果がこちら。

f:id:tahatsu1126:20160713070842p:image

合計107。
さあどうだ。
まだ文句あるなら全議席比例代表にしてしまえ。

散々ここまでやって来て何だが
そもそもは国会議員は本来国のために働くんだから
オラがムラの代表なんて意識の利益誘導議員は
必要ないやん
と言うのが持論だったりする。

まあ全部比例にして名物泡沫候補が絶滅しちゃうのも
それはそれで寂しい気もするが。

オフ会

開催日が休日となり
これは行くしか。

いい歳こいて人見知りな私。
当日も迷っていたが。

10数年前クルマ関係のオフ会に参加した際も
最初は不安だったっけと思い出した。
普通なら絶対出会うはずの無かった
利害関係ゼロの人々との出会い。
付き合いは車を乗り換えた後も続き
昨年の入院時も見舞いに駆け付けてくれた人が何人も。

そんなことも思い出しつつ。
結果やはり行って正解だった。

6000人に1人とも言われる同病の人々と初めて対面。
私自身は現在ほとんど知識も症状もないので
場違いなのではと心配もあったが
予想を超える楽しい時間。

「夕方には帰る」と家を出たが
まさかのほぼ終電帰り。

年代も性別もバラバラ。
ハタから見れば不思議な集団か。
こんな楽しい時間も同じ悩みを共有出来るからかも。

と思えば悪いことばかりでもない。
ブルーハーツの一節のような言葉が浮かぶ。

参加の皆さんありがとうございました。