読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

青ざめた医師

思った通り空いており
脳外科ではすぐ名前を呼ばれた。

MRIという道路工事のような音に包まれる機械に入って脳の画像を撮影。
撮影が終わり呼ばれて一緒に見ていると
にこやかだった医師の表情が一変。

私の顔と
撮影されたばかりの脳の画像を
見比べるかのように視線を往復させ
『若いのにまさか』

えっ何々?
とにかくここじゃダメで
総合病院へ紹介状を書くからと。

『この足でそのまま行くんですか』
当たり前です!急を要しますと一喝され
有無を言わさずタクシー呼ばれ乗せられた。