読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

総合病院で脅される

後から聞くと
病院側は救急車で来ると待ち構えていたそう。

何の手違いかタクシーでノコノコ行き
一般外来と同じ窓口で手続きし
普通に並び
担当科を案内され向かうと
「えっ貴方がXXさん?何で歩いてるの」
と驚愕している。

すぐストレッチャーのようなものに載せられ
グルグル巻かれた私は
ここから質問攻めと承諾書攻撃に。
なんかピッピッ言ってる機械もいっぱいつなげられ
一瞬でICU患者だ。

脳死になったらどうする?
延命措置はするか?
臓器移植の遺志は?
意識を失うと暴れるケースがあるので紐で拘束する場合があるがいいのか?

矢継ぎ早です。
なになに何なの俺は死ぬの。
威圧感が凄い。
えーい全部移植しちゃってくれいとお返事。
そしたら延命措置はしたくないというのとは矛盾だと言い出す。
知らんがな。
先に言ってくれい。

そうするとガラガラ運ばれまたMRIだと。
機械に入れられると道路工事のような音でうるさーい。