読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

主治医は笑顔

MRI終わると
身体中色々刺され
検査検査の連続。

そんな途中で先ほど私に向かって威圧感タップリの表情で質問を浴びせていた一人の女医が近づき一言
 『XXさんよかった。
   とりあえず急性期じゃなかったよ』

えっ意味がよくわからないが
緊急性がなくなったのは周りの様子でも明らかです。

私の脳の状態はというと
脳幹の4分の1程度に白い影が見られ本来重篤な状態だと。
しかし陳旧性と言ってどうやらもうこの状態で安定している。
開頭手術とかの段階ではない。
そこはもう過ぎているーーんだそうな。
んなアホな。何それ。