読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

VIP扱いの日々

文句を続けたようになったが
まあここにいれば
どこか痛くなったら
すぐ診てもらえる安心感は絶大。
手元のボタン押すとすぐ誰かが飛んで来る。
最初の数日はトイレ行く際必ず押せと言われ
その通りにした。
まあこの措置はすぐ解除された。

他にも
耳が悪いか じゃあ耳鼻科へ
心臓が悪いか じゃあ心臓外科へ
色々診てもらう際も
私は常に車椅子で運ばれ
大混雑の外来列をスッと抜け常に先頭へ。
まるでVIPだ。

まあ
アイツはどんな重病なんだ
という視線だけ耐えればいい。

実際私は自分の足で立てるので
外来担当者に呼ばれればスッと立つ。
それを見た医師やら技師やらが驚く。
何度もそうなりちょっと笑えた。

唯一気が重いのは
私の部屋周りは
本当に苦しそうな重篤患者ばかりということ。
自分一人が
ただお気楽な糖尿病生活のような入院患者なのです。
それさえもまだなってないし。
まあ脳死一歩手前らしいが。

食事のたびに
画鋲のようなものをチクっと刺され
常に血糖値を測られる。
そんな生活も数日で慣れた。

そして入院生活も
スマホ一つでまあまあ快適。
恐ろしいヒマとの戦いあるのみ。

6年前当時入院した父の時代には病室では携帯ご法度。
さっさと個室に移った父は
こっそりノートPCを持ち込んだが
看護婦に見つかるたびにお叱りを受けた。
今ここも建前上携帯可能エリアから外れているようだが
ベッドでのスマホ使用は全く何も言われず黙認状態。
まあ大声で通話はマナー違反とは思うが
難聴入ったじいさんは堂々と大声通話もしている。

時代が変わっていた。
私は父よりだいぶ恵まれている。
まあめまいの真の原因は
まだ判明していなかったけど。