読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

平和な部屋へ

最初の部屋は
ナースセンター真ん前にあった。
基本四人部屋だ。
私の他には
ピッピッと怖い雰囲気を醸し出す機械につながれたおじいさんばかり。
緊張感に満ちた部屋だった。

ナースセンターに近いということは
重要監視対象の部屋だった
ということだそうで
ここは入院数日で出された。

長めの廊下の端っこ。
ほぼ角部屋の中のさらに隅へと私のベッドは移動された。
『私は重要監視じゃなくなったってことですかね』
と聞くと作業してくれた看護師が
笑顔ではいと答えてくれた。

新たな部屋の人々は5-60代のおっさん達というイメージ。
みんなカーテン閉め静か。
一気に部屋が平和に。
何よりもまた窓側でラッキーだ。