読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

物が二重に見えるが何か?

大満足のシャワーを浴びた日の夕方。
ロビーである異変に気付く。

ニュースやってるTV画面がどうも見づらい。
画面が二重に見える気がする。

まあ元々目が悪いこともあるが
些細な異変も知らせろ
と言われているので看護師に伝えると
若い医師が飛んできて
色々チェックして行った。
こうやってすぐ診てもらえるのは安心だよねー。
のん気に考えていたのだが。
翌朝主治医がやって来て笑顔で言う。

『XXさん新たな症状出たって言うから今日は検査追加ねー』
こうして2度目の髄液採取決行が決まった。

背中への注射は一番痛い。
針を突っ込みゴリゴリゴリ。

『男の人って痛みに弱いよねー』
すると若手男性医師が
『ボクも絶対ムリっす』

ってオイ!
局所麻酔だしただでさえ効きが悪いんだろーが。
全部聞こえてる。
て言うか長いんだよマジで。
本当に楽しそうだね君は。
オレはお前のための実験動物じゃねえぞ。

心の声がどんどん粗暴になる。

それにしてもホント余計なこと言っちゃったなあ。
みんなに何度も聞かれると
本当に二重に見えるのかは自信なくなってきちゃったし
元からこうだった気もしてきたし。
でもスマホちょっと打ちづらくなったな。
もしかするとただの老眼なのかもよ。

こんな目に遭うとは。
とほほ。