読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

ついに病名 多発性硬化症

髄液採取やら造影剤MRIやら
新たな検査が追加された疲れる1日が終わった。

造影剤ってバリウムみたいに飲み物だと思ってたら違った。
注射だ。
するとゾワーと身体中が暖まってくる。
ああ血液って本当に身体中を一周してるんだねと実感。
そして道路工事のようなMRIは何回目?
多分4回。

普通は予約でだいぶ待つそう。
こんな短期間で何度も入った人いるのかな。

病気というより検査で身体がおかしくなるのではと
ひどい目に遭ったなあと思ってると
翌日主治医が来て
『治療方針決めました』

理由は
『点滴やめて数日で症状が出た』
『長風呂に入ってしまったのが原因で出たかも』
などと言う。
おいおいマジかよ。

病名は
脱髄疾患 中でも
言うのだそう。

まあ当初から可能性0.00何パーセントで
そういう病気もあるとは聞いてはいた。
Wikipedia先生によると
10万人に8-9人。

あまりのことで
何だか現実味がない。