読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

ステロイドを抜く

さて
ステロイドを多量服用開始し効果劇的。
毎朝快調だ。
立ち上がっても何事も起きず
物が二重に見えるなんてこともない。

こうしてると本当にただのヒマ人。
一体ここで何をしてるのか。
ここで怖いのが鬱病
真面目な人は一発だと。
幸い私の場合それはなかった。
のんきな性格が幸いした。

ただし規則正しい朝食を終えて
いざクスリを用意しようとすると
現実に戻される。
毎朝飲む薬の量も種類も物凄いことに。
最大で5種類15錠ものクスリ。
これを見ると立派な病人だ。
どんな老人だ。

ちなみに私の血管年齢は20年先を行ってる
と笑う主治医。
60代か。
まあ老人だね。
最近の60代って若い人多いからオレ負けてるか。

話がだいぶそれたが
ステロイド大量服薬中は退院させられない。
一度飲み始めたステロイドは急に中止出来ない。
経過を注意深く観察して少しずつ減らす。
まあ目標は2週間後くらいだねと主治医。

本来予定していた退院日はもう近付いていた。
一気に入院期間が倍になった。

私は本格的にヒマ人。
大量のクスリのおかげでそうなった。
ただいつまでもヒマヒマ言ってられない。
ようやくそんな気持ちも出て来ていた。