読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

理想的ダイエット成果が

死のカルテットの数値が全て悪い。
このままなら余命5年。
めまいの治療が始まるまでには
まずこの問題に対処がされた。

私の食事メニューはこうだ。
三食きちんと。
時間は8、12、18時。
毎食500kcal少々で1日1600kcal。
お米は欠かさず毎食140g。
朝は必ず味噌汁。
牛乳100ml。

最初は見た目にも変化も少なく
全然痩せないなどと思ったが
確実な成果があった。

限りなく運動量ゼロの毎日で
1週間で4キロ減
2週間で8キロ減。
80キロ台前半は数年ぶりの記憶だ。
効果劇的。
摂取カロリー減らすだけで人は瘦せる。
入院前の私は4000kcalは摂っていただろう。

かつて私も
炭水化物抜きダイエットなど手を出したが
全くダメ。
苦しさだけだった。

それが今は何の苦も感じていない。
とにかく白米が美味しい。
日本人で良かった。

ある夜に糖尿外来担当医だという人物が来た。
『XXさん食事足りてますか。量増やしましょうか。当初から糖尿病患者と同じメニューなのです。お腹空きますよね』
もう私は糖尿危険水域は脱したようだ。
今から10年20年発症させないことは充分出来ます。
と力強い言葉も。
一つだけ確認したかった。
この食事続けて倒れるとかはないですよねと。
栄養失調じゃ意味がない。
それは間違いないと。
ならば答えは決まっていた。

このままの食事メニュー続けさせて下さい。
とても美味しいし充分満足してます。

私は生まれ変われる。

退院後の鉄の意志が最重要なのは言うまでもないが。