読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院日が決まる

朗報は突然訪れる。

12/16この日はステロイドが30mgに減量され2日目。
珠玉のシャワー体験からおよそ6時間。
通常朝だけ姿を見せるドS主治医。
夕方5時に珍しく現れた。

私の目の前に指を突き出し
「はーい。目で追うー」
左右に上下に指を動かす。
入院初日からこれまで何度繰り返されたことか。

「うん。二重には見えてないね」
そして真っ直ぐ歩けとのたまう。
私は元々身体が超固くバランスも悪い。
緊張感を感じフラつく。

「んー怪しいけど随分マシなのは確かよね」
おう悪かったな。

「よーし月曜退院!」
キターーー。
あと5日!
私がシャワー浴びると聞き注視したかったフシもある。
13日前最初のシャワーから数時間で異変も確かだった。
今回異変など何もない。

どこまで続く暗闇から突然の光。
このままステロイド減量で経過順調ならば
と条件付きだが。

計画は
12/17まで30mg
12/18から3日間は20mgでなく慎重を期し25mg。
12/21退院日は20mg初日となる。

ステロイド20であれば
抵抗力も一般とほぼ遜色ないと言う。

11/26緊急入院から21日目。
丸3週間経過しての朗報だった。

12/21は入院26日目だ。

11/26朝近所の脳外科を普通に受診。
めまいの薬でももらえば終わりだろう。
気軽に家を歩いて出たあの日。
想像もしていなかった日々が終わろうとしている。

だが帰宅してからが
多発性硬化症なる病気との本当の闘い
いや上手く付き合って行く日々となるのだろう。

主治医からはそこまで聞いたことはなかった。
退院が先決だったから。
数々の先輩方の様子から推測するのみだった。