読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

鬱だ氏のうからの復活

12/20退院前日の午前。
とあるきっかけでいきなりブルー突入の私。

ここで何してるんだろう。
それくらいは何度も感じては来たのだが。
今回は奇妙だった。

突然自分が世の中に必要ない存在であり
いやむしろ邪魔な存在ですらと感じ始めた。

ここは病院の中では高層階に位置。
私のベッドは窓側。
窓を開けるとベランダ。
ベランダから身を投げ出せば楽になれるのでは。
楽になりたいなあ。
ふとそんな欲求が身をもたげて来たのだ。
これがステロイドの副作用なのだろうか。

服用開始を嫌がったあの夜。
スマホの検索結果。
ズラリと並ぶ副作用とともに
という単語が一際目立っていた。
自殺リスク7倍というサイトも。

いやいやどうしたんだお前。
もう一人の自分が叫ぶ。
存在しないはずの声がハッキリ聴こえ始める。
これを幻聴というのか。
幻覚はまだ見えてはいない。
これは危険だ。
自覚出来たのが救いだった。

ナースセンターへ急ぐ。
途中にある風呂場は空いていた。
ナースセンターの入浴予約表を開く。
本日の分は真っ白だ。

今から連続1時間枠を押さえた。
ベッドへ戻り速攻で支度。
風呂場で服を脱ぎ蛇口をひねる。

シャーーー。

とにかく頭を鎮めよう。
まず浴びたのは水。
一気に目醒めた。
そして段々水温を上げる。

すっかりスッキリしてベッドへ戻った。
スマホが光っている。

ある朗報が届いていた。
私は鬱の底から躁の天井へ一気に上り詰めた。