読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

最後の晩餐

12/20退院前日午前。
突然の退院ブルーに襲われた私。
シャワー浴びて事無きを得た。
むしろ一気にスーパーハイ。
単純だ。

病院最後の昼食にハンバーグ。
25日目にして初めて見た。
嫌いだったはずのトマトソースも美味。
人って変われる。

夕刻にはこれまたクルマ繋がりの知人で
現在世界を飛び回るビジネスマンK氏が来訪。
昨日上海から帰国したばかりで
年明けすぐにはラスベガスだと言う。
そんな多忙を極める中で
病院最後の晩餐となった夕食過ぎまでいていただき
積もる話は尽きず
喋りっ放しの2時間はあっという間。
多額の見舞金までいただき恐縮至極だ。

おかげで退院ブルーは完全に消し飛んだ。

病院25回目の夜はこうして更けた。

26日目。

12/21退院。