読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

26日入院の成果は10キロ減

12/21退院当日の朝を迎えた。

ステロイドは本日から朝4錠20mgに減量。
これが8日間続く。
他の薬も同じ日数分出た。

血中脂肪を下げるペザトールSR200mg
血圧を下げるミカルディス20mg
胃酸を抑えるラペプラゾールナトリウム10mg

朝はこれら全て&ステロイドで計4種7錠。
昼はナシ。
夜はペザトールのみ1種1錠。

一時期は朝だけで15錠ほどあったので
だいぶ整理された。
これなら自己管理も出来るだろう。

来週12/28午後が初回の外来通院となる。
それまでは全ての薬を飲み続ける。

朝9時過ぎに妻が到着。
荷物をまとめ退院準備万端。
26日間の入院生活ですっかり荷物も増え
まるで引越し作業だ。
ダンボール2個分になった。

10時前に主治医が来て入院当初からの説明を聞く。

最初は「若年性脳梗塞」と診断され
脳死一歩手前と言われたこと。
途中でどうも違うと。
言語も運動も支障なし。
さすがにおかしいということになり
12/3入浴許可後数時間後で
物が二重に見えたという状況が決定打となり
病名が「多発性硬化症」と変更。
ステロイド服用による治療が開始された。

幸いにも効果は覿面で
一週間悩み続けためまいが一気に解消。
本格的にタダの暇人入院患者の誕生となった。

ステロイドは最初は一気に大量投与されたが
減量も順調に進み
12/21には20mgまで減少。
抵抗力という面では常人と変わらないということで
退院となった。

以上が主な入院経過だ。

その他として私は非常に特殊だが
「死のカルテット」と言われる数値。
上体肥満
高血圧
高血糖
高脂血症
全てが極めて悪いという状況があった。

このため私には厳しめの食事制限がされた。
1日あたり1600kcal。
糖尿病発症患者並みのメニューだという。

元々偏食が激しかった私の食生活は180度転回。
最初はかなり苦しかったが
「病院で出る物に身体に悪いものなどない」
と腹を括り目を瞑って食べ続けた。
すると数日で慣れ1週間で本気で美味いと感じ始める。

人間の神秘を実感した。
私は変われるんだ。
実際はじめの2週は毎週4キロずつ減量。
最後2週はやや停滞も週1キロずつ減。
最終的には入院開始当初より約10キロ減となった。

BMI22の健康体にはまだまだだ。
目標まで約15キロ。
遠い道のりだが不可能ではないと知った。
ノンビリした歩みで夏頃までに達成したい。

達成の暁にはストイック同期とラーメン屋に行こう。
彼とも会うのは数年ぶりとなる。