読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院13日目は初売りのハシゴで対照的体験

今朝も目覚めは5時前にスッキリ。
洗濯してから新たなルーティンのWii Fit

10分間の足踏み運動を終え
ニュース見ながらマッタリ。
しばらく休んでから数値測定。

血圧119-82
血糖値81

今朝も快調。
だがしかし。
血糖値計の使い捨てセンサーが
残りわずか5枚になってしまったのに気付く。
朝晩測り続けるなら
明後日の夜が最後になってしまう。

慌ててスマホを見るも
やはり楽天ではセンサーは売ってない。
薬事法の関係らしい。

さらに検索しまくると薬局直販サイトでは発見。
大体相場は1枚100円辺りのようだ。
高い〜。
慣れない最初のうちは
血液が足りなかったり
逆に多過ぎたりで
何枚もエラーで無駄にしてしまった。
ああ勿体無い。
今はすっかり慣れてエラーも出なくなったが。

朝食後に元旦の分厚いチラシの束を
さらに物色。

私は家電量販店Kのヘルスメーター
妻はライバル店Yのドライヤーに食指。
2つの店舗は数百メートルしか離れてない。
しかし時間がモロ被りのため
夫婦で二手に分かれることにする。

朝9時半まずK店舗の前を通るが
まだ数人しか並んでいない。
そのままスルーしYの前へ。
するとこちらは既に結構な人だかり。
妻を下ろし私はKへトンボ返り。
f:id:tahatsu1126:20160102190150j:image
Kの列は私でまだ4人目。
目当てのヘルスメーターは限定5台だったが
この時点でゲット確定。

結構混雑していたYの妻は大丈夫か
と思っていると9時40分電話が鳴った。
Yは何だか殺気立った雰囲気になって来て
もう整理券を配り始めたと言う。
平和なKとはエライ違いだ。
て言うかKはこんなに客少なくて
大丈夫なのか。

そんなこんなで妻は無事に
目当てのドライヤーの整理券ゲット。
そして9時45分Kも整理券を配ると言う。
いや結局私の後ろも1人だけで
この時点で5人しか並んでないんだけどね。

Yは結局開店も早めたと言う。
私も平和なKを後にしてYへ向かう。
徒歩数分で9時50分頃Yに到着すると
まだ結構列が残っていた。

妻がゲットしたドライヤーは
既に売り切れ表示。
まだ開店時間になってないんだが。

ドライヤーを手に店を出て来た妻と合流。
怒号が飛び交ったり
先輩店員が慣れないバイトを怒鳴りつけたりで
何だか怖かったと妻。

そんな殺伐としたYを後にしてKに向かう。
徒歩数分で10時ちょうどくらいにKに戻るが
人影が少ない。
うーん大丈夫なのかK。

あまり意味がなさそうな整理券を店員に渡し
無事にヘルスメーターもゲット。

こちらKもレジの店員は何やら慣れない様子。
初売りでどこも応援要員が多いってことかも。
結構モタついてる。
だが別に後ろに並んでる人もいないので
慌てる必要は皆無だが。

テンパったレジ係はダッシュで
何やらヘルプを呼んだ。
駆け付けたのは「主任」と名札の人物。
怒鳴りつけるなんてことは全然なくて
ひたすら優しく指導を始めた。

YとKをハシゴしたお陰で
両者の全くの違いが浮き彫りになり
なかなか興味深い体験だった。