読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

2カ月ぶりの職場

退院26日目。
退院からはあっという間な気がする。
考えてみれば入院期間も26日だった。
あの気の遠くなるような長さから考えると
とても同じ日数とは思えない。

2カ月ぶりの職場への道のりは
解体工事中だった現場がもう
次の新築の基礎工事が終わっていたり
建築中だったビルが完成していたり。

まさに浦島太郎状態。

2カ月ぶりの電車では
隣に普通に人が座ってきて密着され
ややストレス。

相当メタボがキテた入院前の私。
ガラガラの時間の昼間の地下鉄では
わざわざ隣に座って来る人が
ほとんどいなかった。

体重がほぼ15キロ減り
暑苦しいメタボには
見えなくなったってことかな。
何事もプラス思考だ。

そして2カ月ぶり職場。
とりあえず色んな書類出して
精算して
挨拶周りして。

まず現部署の管理職の1人に呼び止められた。
知人に同じ病名がいると。

そして総務の管理職にも声をかけられた。
以前同じ病名と診断されそうになったと。

おや 結構な高確率?
1万分の1未満じゃなかったっけかな。
まあ理解者は1人でも多いに越したことない。

そして初めて知ったが
会社から見舞い金が出るらしい。
金額は聞かなかったが。
保険金が少なくなりそうなので
現金ゲットは何でもありがたい。

さらに知った事実は
有給がまだ10日以上あること。
普段どんだけ休み少ないんだとも言えるが。
まあこういう時は有難いかと
今は素直に考えよう。

今日のところは数時間で帰らせてもらった。

夜の測定では
血圧104-76
血糖値121。
おや?普段より夕食からの時間が短かったかも。
内臓脂肪13.0。