読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院35日目 初任給かよの衝撃

今朝は6時半近くなって目覚める。

随分寝たなあ。
退院後最も遅い起床かも。
入院中は数時間ずつしか寝てないので
こんなガッツリ寝たのはほぼ2カ月ぶりだな。

職場復帰からちょうど10日目。
勤務による疲れは正直全くないと思われる。
かなり配慮されていて
少なくとも今のところは
体力的な不安は感じない勤務内容だ。

直属の上司から理解に恵まれ本当に感謝。

ただ実はかなりの心配事も発生。
それは明日振り込まれる予定のお給料。
何とガッツリ下げられてることが判明。
ヒャー 何これ。

保険屋からの連絡もあって
入院保険料ももらえる額が分かったが
それが丸々吹っ飛ぶ額だよオイ。
どうなってんだコリャ。

先月もらった給料は
全く異変が無かったので
正直油断していた。
心の準備が足りんぞ。

土日関係ない仕事だが
総務経理はしっかり土日休みなので聞けず。
理解ある上司には報告。

まだまだ有給も余ってて
欠勤にはなってないので
上司もオカシイはずとは言ってくれた。
動いてくれるという。

まあ12月なんて
1分足りとも仕事してないんだから
給料出るだけ有難いとも言えるんだが。

主治医も心配してたが
わけわからん病気になって
クビにならないだけマシか。

文句言える立場じゃないのは
重々承知してるつもりなんだが。
いざ数字を突きつけられるとかなりの衝撃。

新人の初任給かよ。
冷静に考えれば
今の私は確かに新人以下の働きだった。

なんて現状があったにも関わらず。
枕高くして
グーグー寝られたんだから
そんなに深刻とは思ってないのかね。

まあジタバタしても土日は何もわからない。
だがしかし
週明けは検診で休みもらってて
オマケに勤務内容が変わったため
休みも来月から動くこともあって
私は今週月〜木まで4連休なのであった。
総務と話せるの金曜じゃん。

29日!?
各種引き落としは待った無しにやってくる。

まあ働きが減るんだから
生活を変えるのも当たり前か。
今まで何もせず油断してて
相当なアホだね我ながら。

とりあえずこれが今月だけなのか
来月以降もずっとなのか
まずそれがハッキリしないとだね。