読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院53日目 ついに救急車

2/11
5時前に痛みのせいか目覚める。
ブスコパン最初から2錠飲むが効かない。
6時も過ぎて痛みは激しくなるばかり。

さすがにこれはもうダメかも。

ついに救急車呼んでしまった。
人生2度目。

11月に入院した時は
救急車で行かずにタクシーに乗って行ったら
むしろ後回しにされたり
何で自分で歩いてるのかと驚かれたり

その反省もあって。

呼ぶ時点では自力で動けない程でもないかと感じたが
後からドンドン苦しくなったので正解だったか。

人生1度目救急車は6〜7年前だった。
深夜タクシー乗車中
首都高で斜め後ろからぶつけられた。
大して痛くもなかったのだが
速攻で呼んでもらったのだった。

その時も思ったが
救急車は想像以上に揺れる。
乗り心地は良くない。
むしろ具合が悪くなりそうな気さえする。

早朝とあって10分程で病院に着くと
何故かドンドン痛みが激しくなる。
波が大きい。
今回感じる胃痛の中で
一番激しい痛みなのは間違いない。

早速胴体のCTスキャン。
そして血液検査。
結果待ってる間に点滴。

今回も看護師さんは
血管探すのにかなり苦労していた。
10分くらい腕をマッサージ。
刺された後はほとんど痛くなくてラッキー。

そして点滴がかなり奏功したようで
一気に楽になった。

f:id:tahatsu1126:20160212171927j:image

人まで変わって見えたようで
点滴外しに来た看護師さんが
「朝とは違う人みたいですね」
と笑ってくれた。

そして点滴外し終わると
検査の結果持って医師が来た。

CTも血液もほぼ異常なし。
尿酸値がやや高いくらい。
11月の入院時から見れば凄い進歩だ。
やってることに間違いはなさそう。

胆石も見付からず一安心。
結果的に怪我の功名だった。

腹痛の根本的原因は判明してないが
痛みに効く薬は判明したので
処方してもらい午前中にあっさり帰宅。

入院も覚悟して家を出たがこうもあっさりとは。
ノホホンと出掛けていきなり入院した11月とはエライ違いだ。

本日の医療費は9000円台。
やっぱり画像診断料が高い。
血液検査もなかなかのお値段だ。

薬代は500円未満で
合計1万円でギリギリお釣りとなった。

出た薬は
ファモチジン20mgと 再び

休日なので普段と違う処方箋薬局行ったら
両方とも安いジェネリックが出た。

まあさすがにこれでもう安心か。
お気楽に考えていたのだが。