読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

物が二重に見えるタイミング

病院からの帰路
新たな事実も判明した。

物が二重に見える現象がたまに再発していたのだが
トリガーがハッキリ分かった。

思い切り右後ろを見ようとすると確実に起こる。

自分でハンドル握っての病院から帰路。
自宅までほんの少しのところで一時停止がある。
斜め右後ろをグッと見なければならないのだが
そこで視界が完全に二重になった。

危なすぎる。
慌てて片目をつぶったら視界がまともになったが。

もう10年以上
数え切れないほど通過した交差点だが
もちろん初めての出来事だ。

自宅は目前だったので
どうにか気を落ち着けて帰宅。

先ほどと同じ動作をしたが確実に再発する。
すると正面を見てもしばらく治らない。
どう考えても普通じゃない。
ちなみに左側を見てもこんなことは起きない。

主治医に伝えようと病院に電話したが
時計は17時をギリギリ回っていた。
散々保留音のまま10分近く待たされた挙句
主治医は帰っているので明日にしてくれと電話に出た看護師。

もはや私は確実に緊急患者ではないことは実感した。