読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院76日目 花粉情報真っ赤

今朝も6時に目覚めた。
外がすっかり明るい。
春の訪れを感じるのは花粉のせいばかりでもない。
しかし花粉情報真っ赤はツラい。

朝の測定。
血圧113-81
血糖値74
内臓脂肪11.0

昨日の結婚記念日は危うく悲惨なものと化すところだった。

いくつか用事を済ませたところで
財布が無いと気付いた。

そもそも持って出た記憶も無い。
まあ家に忘れたんだろう。
10分で戻ると告げ
家族を置いて一旦1人で取りに戻る。

、、、だが無い。

数十分間
家中探し回った。
結構暑くなってきて汗だく。
冷や汗もかなり混じってたか。

妻がキレて携帯にかけて来た。
一旦諦め外出先に舞い戻る。

用事を済ませ帰路。
私は免許証も不携帯なので妻が運転。

その間私は数カ所に電話。
財布の存在を最後に認識していたのは
その前日に行った銀行だ。
その後は電車で帰宅していた。

銀行と鉄道会社に電話。
直通運転の関係で鉄道会社は数社に及ぶ。
以前電車で携帯忘れた時は
直通運転の間逆の方向の駅に届けられていた。
1時間以上かけてはるばる取りに行ったっけ。

う〜むどこにも無い。
メーンで使ってるクレジットカード会社にも電話。
一時停止を頼もうと思ったが
カードが再発行になって番号が変わるそうな。
以前は一時停止でもし見つかったら即復活依頼なんて出来た気がしたんだけど
セキュリティ厳しくなったのかなぁ。
面倒なので怪しい使用履歴が無いかだけ確認。
とりあえず使われてはいないようで一安心。

まあどの会社が親切かそうでないかは認識したぞと。

そんなこんなで自宅到着。

リビングのソファーにかけられてた毛布を
妻がパッとめくると
そこに見慣れた財布。

いや〜凄いよ流石だねぇ。
見付かって良かったじゃないの。

ドッと疲れたと呆れ返る妻。
もう動きたくない 甘いモノが食べたいと。

私は1人慌ててスーパーへ買いに向かったのであった。
抹茶ロールほか指定された食料品を買って帰ると機嫌が直った。

私は財布に入ってるカード類を
全て携帯で撮影したのであった。