読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

完治って

TVは朝1発目から
歌舞伎役者の奥さんが乳癌とのニュース一色だ。

人間のクズ都知事の話題はいい加減ウンザリで
とっととクビ取れや
自公はこのクズと本気で心中するつもりなのか
以外にもはや言うこともない。
飽き飽きということで話題変わるのはいいことかもしれんが
他に報じることはないのか。

会見の映像を洗濯物干しながら横目で見ていて
果たしてこの会見は必要なのか
疑問が膨らむ。

自宅に報道陣が詰め掛け
子供の日常に支障を来しての会見なんだそうだ。
それは確かに気の毒だ。

会見中に彼はこんなことを言った。
「完治まで、いや完治しても支え続けます」

ハタと気付く。

そうなんだな。
癌は確かに恐ろしい病気だが
今や完治する可能性だって
普通にあるんだなと。

それに引き換え世の中には
すぐさま死ぬという事はないが
現時点では完治がないという病気もある。
だからこそ難病って言うんだろうけど。
私自身以前は考えもしなかったことだ。

「治ったか」
「具合はどう」
まあ一々事実を告げても仕方ないし
悪気が一切ないのも分かっているので
曖昧に愛想笑いで答える。
「ボチボチやな」