読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

退院半年

退院から半年が経過した。

長いか短いかで言うと非常に短い。
入院26日間の日々は極めて長く感じられたものだが。
この半年はまるで実感がない。

間違いない事実を挙げると
入院前からは25kg近く減量したこの身体。

ただし20代の頃はもっと痩せてたせいか
自分ではそれすらも実感はあまりない。
元からずっとこうだったが何か?
くらいの感覚だったりもする。

入院前からしていたベルトでもあれば
分かりやすいのだが。
デブ過ぎてベルトなんて必要がなかった。

視覚で分かりやすい物と言えばBMIグラフか。
ということで2カ月以上ぶりに作成。

f:id:tahatsu1126:20160621092607p:image
この1カ月は完全に停滞しているが
普通にラーメンやカツ丼も食べるようになったのに
リバウンドもないということでヨシとする。
入院前みたいにチャーシュー麺とかカツ丼大盛りとかにはしていない。
まあ今はとても入る気がしない。

身体が軽くなったでしょう〜
と言われることもあるが
それほどでもなかったり。
まだたまにクラクラするせいかな。

先日暑い中30分歩いた後は
まるで発症時のように身体がグラつき
ちょっと焦った。
冷房ガンガンの室内にいると落ち着いたが
夜になっても顔は少し火照っていた。

最近気を抜くと物が二重に見えることも稀にある。
集中すればちゃんと見えるようにはなる。
まあ本当に危険なら片目で見れば大丈夫だし。

もはや病人だという自覚も少なくなっていたのだが
当たり前だが完治したわけではないのだった。
あまり調子に乗ってはいけませんな。