読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

皮膚科

昨年入院中ついでに診てもらった皮膚科で
いずれ除去するよう勧められた背中の大きな粉瘤。
当時は血液サラサラの薬を飲んでいたため
「取るなら薬やめてから半年後」と言われていた。
約束の時期が来た。

どこでもいいと言われていたので
職場至近の皮膚科へ行くと
早速手術を勧められて決行。
今日は診察だけかと思っていたので予想以上の展開。

当初手術は30分程度と言われたが
実際は小1時間かかった。
やはりかなり大きかったのだそう。
具体的には約4センチでうずらの卵ほどの大きさ。

最初の麻酔は結構痛かったが
痛いのはほんの数秒ほど。
30分ほどもグリグリやられた
悪夢の髄液採取に比べれば何てことない。

術中は痛みは皆無。
麻酔切れた後の痛み止めとしてロキソニンが処方された。
会計や薬を待っている間に
なんとなく背中がチクチクして来た気がしたので早速服用。
このまま痛みが激しくならなければいいな~。