読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

平和な秋

あまりにも平和で書くことが無かった(^^;;

BMI体脂肪率
ほとんど変動なくなり数カ月。
とりあえず生きてます。

すっかり秋だね。

明日は3カ月ぶりに病院。
とは言っても眼科だけの予定だけど。

最近は平和過ぎで
たまに目薬もさし忘れて寝てしまう。
まあ視界が二重ってことも
ほとんど再現してないけど。

25年

2016年は色々と衝撃のニュースがあるが
中でも個人的に最大の衝撃が来た。

こち亀」終了。

勝手な想像だが
終わることなどないと思っていた。
永遠なんてないんだ
ということを思い知らされる。

逆に明るいニュースも来た。
広島カープ25年ぶり優勝。

プロ野球現存球団の中で
最も長く遠ざかっていた優勝。

何となくだが
生きてるうちには
もう優勝は無いのではと感じていた。

少年時代の広島カープはむしろ強かった。
ほぼ毎年Aクラスにいたと記憶する。

だが
逆指名ドラフトやFA制の相次ぐ導入。
低予算の地方球団には厳しかった。

25年とは四半世紀。
恐ろしく長い期間だ。
10代後半の少年も
40代のオッさんとなる。
ただの精子が立派な社会人となる。

25年前は守備固めや代走要員だった若者が
監督となっていた。

25年間ほとんどBクラス。
長い長い雌伏の時を乗り越え歓喜の時。
特にファンではないが
黒田と新井が抱き合うシーンは感動的であった。

おめでとう。
不可能なんてないんだ。

ありがとう。

 

転倒

日曜昼間出勤中
何もないところでいきなりコケた。

左側へ倒れる身体。
アッと思い手をつこうとするが
左手にちょうどスマホを持っていた。

歩きスマホはしていなかったが
カードキー兼社員証がスマホケースに入っている。
すでに機械にかざす準備をしていたのだ。

手の平が地面に付けられず
手の甲から行った。

態勢不十分。

顔面も強打。
アイタタタ。

手の甲を擦りむいた。
顔にもハンカチを当てて見るが出血はしてない模様。
鏡が周辺には見当たらず。
スマホで見ればよかったのに気付かず。

勤務先に着いてトイレへ。
左目尻が切れて軽く出血。
左頬も擦りむいてはいないが赤く腫れている。
離婚会見する芸能人ならDVを疑われる状態だ。

冗談はともかく。
見た目は痛々しいが実はそれほどでも無かった。
ただ水洗いすると沁みた。

出勤すると驚く同僚。
たった今の出来事を説明。
早く帰れよと言ってくれた。
そんなに大したことは無いのだが
これには喜んで従うことにする。

そして夜早めにラッキーと思いつつ退社。
だが電車に乗り込むと
普段の土日ならガラガラの電車が何故か満席状態。
テンションがた落ち。

浴衣の人が多い。
どこかで祭りでもあったっけ。
いい迷惑だ。

勤務中はほぼ座ってるので気付かなかったが
立ってると結構つらい。

だが1駅であっさり座れた。
またもラッキーと思いつつ着席。
ただし満席状態は変わらず隣とは密着状態。

快適に走り出す電車。
と思ったのも束の間。
何故か全身から汗が噴き出してきた。
冷房ガンガン効いてて別に暑くもないのに
何なんだこれは。

密着状態なので汗の匂いキツいのではと気になる。
しばらくしてようやく普段のガラガラ状態になり一安心。
心なしか汗も引いてきた。
心理的な問題だったらいい。

満席状態の電車を見て「マジかよ」と驚いたのは事実。
立っててフラフラする自分にも驚いた。

下車すると雨上がりで結構涼しい。
なのに全身汗まみれなので
帰宅すると風呂直行。

普通に靴下脱ごうとして
片足立ちが出来ない自分に気がついた。
これはあの頃にそっくりだがう〜む。
とりあえず湯船に浸かってホッとする。

普段よりかなり短めで出る。
だがやっぱりグラグラするので座って着替え。

寝て起きてまだこの状態なら
病院に連絡するかと思いつつ早めに就寝。
昨秋のリピートでなければいいが。

そして翌朝起きると
身体は何とも無かった。
ケガしたところが少しだけ痛むけど。

妻にもTwitterフォロワーさんにも
いらぬ心配をかけてしまった。

最近いろいろ調子に乗ってたのも事実。
反省し初心を思い出そう。

 

早起きは三文の

リオ五輪
開催直前まで聞こえて来るのはネガティヴな話題ばかり。
果たして無事始まるのか危惧されたが
始まってしまえば普通に盛り上がる。

連日メダルに沸く日本。
中でも早朝目覚めると丁度柔道が佳境の時間で
連日TVに釘付け。
生でメダルの瞬間を多数目撃出来てお得な夏だ。

相手がマトモに組み合わないとか
道着がはだけっぱなしで着方が汚いとか
日本人の視点からは言いたいこともあるが
それも含めて日本の柔道が世界のJUDOになった証拠なのだろう。

そんな中で男子は全階級メダル。
素晴らしい。

卓球の福原選手も水谷選手も素晴らしかった。
そして同時に改めて
中国の異次元の強さを見せ付けられる。

本来世界ランク上位5人を中国人が占めるのだとか。
五輪には各国2人しか枠は無い。
お陰で日本を含め他国にもメダルチャンスがある。
そのため国籍を変える中国出身選手も多い。

あの強さの源泉は何なのか。
日本ではしばしば
欧米との差を「体格差」などと表現するが
中国とは確かに人口は1桁違うが
体格差などほぼない。
共産圏の選手はメダルで人生が一変すると言うから
モチベーションは桁違いなのだろうが
そのような最早昨今では軽くなってしまった言葉で片付けられる問題でも無さそうだ。

五輪中だろうが平和などお構いなし
とばかりに日本の領土に押し寄せるなど
国家としての中国は最低最悪で
最大限の言葉をもって罵倒するに値するが
当然見るべき点はある。
ロシア同様に組織ぐるみのドーピングなど
平気でやって来そうではあるが
あまりムキムキにしても意味が無さそうな競技だ。
強いて言えばメンタル面か。
まあ強化すると決めた種目はトコトンやるのだろう。

それはともかく日本に話を戻すと
体操も大変に素晴らしかったのだが
カヌーや水泳 そしてラグビーなど
欧米で盛んなジャンルでも活躍している。
これが日本の特筆すべき点であり本当に誇らしく素晴らしい。
多様さが日本の魅力だと改めて感じている。

時差の関係上夜から早朝にかけて次々と競技が行われ
昼は昼で高校野球
睡眠時間の確保が重要課題だ。

新幹線遅延

日本が世界に誇る新幹線。
正確無比のダイヤ。
遅延時間は年間平均して1分を大きく下回る。
つまり遅れると言うのはある意味貴重な経験だ。

妻と休みを合わせ1泊2日で京都へ。
往復こだまのグリーン車
所要時間は約4時間。
ゆったりノンビリ旅行だ。

最近ハマるポケモンGO
新幹線では無理だろうと思っていたが
各駅停まるこだまだと停車中は結構イケる。
特に小田原駅では行きも帰りも結構なレアキャラ出現。
合計10分にも満たない停車時間なのに凄い。

京都には親族の新居も訪ねると言う名目があったが
まあ9割以上観光。
汗だくでひたすら歩いた。
Twitterでは心優しき関西の方から
安い漬物バイキングをメッセージいただき早速立ち寄る。
素晴らしい。

そんなこんなで
滞在中ずっと快晴だった京都を離れようと
いざ帰りもこだまに乗り込む。
ところが全然発車しない。

車内アナウンスによると
この先名古屋付近がひどい大雨で運行見合わせ中という。
早速Twitterで名古屋と検索すると
確かに名古屋で土砂降りの様子がドンドン出て来る。

快晴の京都からは想像もつかぬ。
全然動く気配がないが
まあラッキーにもグリーン車で既に座っている。
暑いホームで立ちんぼの人々は辛そう。
こちらは快適で少々申し訳ない感じ。

20分以上遅れてようやく出発。
次の米原では先に出たひかりが
左側のホームで停車中。
さらにはすぐ来た次ののぞみも
通過用の真ん中の線路に入って来て停止。

このまま上り新幹線3本並んだ状態で
停車すること40分。
雨が弱まったとのアナウンス。
まず左側のひかりが出発。
すぐ続いて右側のぞみも出発。
合計1時間数分遅れでようやくこだまも出発。

次の岐阜羽島到着は58分遅れ。
既に数分挽回し55分遅れで出発。
名古屋駅ではホーム大混雑とのことで
また64分遅れに戻る。
街はズブ濡れだが既にやんでる様子。

ここから明らかにスピードアップ。
こだまも全速力で走っているのが素人でも伝わる。
駅に着くと行きは結構な待ち時間があったが
遅延した帰路は駅に到着後すぐさま次の電車が抜いてく感じ。

静岡52分遅れ。
新富士47分遅れ。
三島43分遅れ。
熱海40分遅れ。
1駅で数分ずつ挽回し
小田原ではついに39分遅れまでに。
名古屋から30分近く縮めてみせた。
新幹線の本気を見る思いだ。
これなら予想より早く帰れそう
と思っていたが。

ところが
新横浜の手前から
「ホームが発車待ちの車両で埋まってます」
とのことで一時停止&ノロノロ運転。
結局品川到着は57分遅れ。

東京駅まで乗車予定だったが
さらに遅れそうなので品川で降りてしまう。
品川駅だと乗り換えも少し楽。

日付変わる前にどうにか帰宅。
貴重な面白い体験ではあった。

ポケモンGETに熱い夏

先週金曜
病院で延々と待っている間
突如配信開始されたポケモンGO

当初は手出しするまいと思っていた。
何故なら私は
やり出したらハマると分かっているからだ。

ドラクエシリーズは20年以上に渡って
全く手を出さずに済んでいるが
一度手を出してしまったらトコトン私はハマる。
パチンコパチスロは一切手を出さないが
競馬や競艇は一時相当ハマった。
巨額のプラスマイナス両方経験もした。

ポケモンについては約10年前の
熱い暑い記憶がある。
当時夏休みになるとJR東日本
ポケモンスタンプラリーなるものがあった。
最初は7駅達成で軽くプレゼントがもらえるのだが
その先は100駅完全制覇でさらなるプレゼントがあった。
そして数年の間これにハマった。
最初は当時小学生の息子2人を連れて行っていたが
しまいには1人でも行っていた。
範囲はかなり広くて
レアなキャラは土浦とか熊谷とかに配置されていた。
完全にJRの策略にハマった。

あれから10年。
1億総ポケモントレーナーかというような夏だ。
インストールするまいと思っていたのだが
配信翌日辺りにはもうハマっていた。

最初数日は何でもかんでも捕まえるのに満足。
同じのばかり出るようになり
一時やや中だるみしたが
同じのを大量に集めると
新たなキャラに進化させられる
というシステムに気付きまたハマった。
幼虫がサナギになり最後は蝶になる。
上手く出来ている。

そして闘いのシステム。
これは当初話にならない別世界で
一般人には関係ないと斜に構えていたが
6体で束にかかれば結構闘えると知った。
そこからはこれにもハマった。

課金するつもりは一切ないので
ショップという画面は関係ないと思っていると
闘いに勝ちジムを占領するとコインがもらえる
というシステムまであった。
これはついさっき気付いたばかり。
つまり関係ない画面は1つも無かった。
操作の上手いヘタもあまり関係なさそうだ。
上手く出来ている。

中だるみ時は飽きが来たかとも感じたが
もうしばらく楽しめそうだ。
元々よく歩くようにはなっていたが
最近さらに歩いている。
ゲーム画面によると
1週間で46キロ以上歩いたことになっている。

熱中症と虫刺されには注意しよう。
大量のペットボトルと着替えと虫除けスプレー所持。

f:id:tahatsu1126:20160730122709p:image

 

匿名報道

戦後最大とされる大量殺人事件。
今回現場が障害者施設ということで
被害者については匿名報道となっている。
普段ならば今頃「被害者はこんな人でしたあ」
などという二次被害が多発している時期だ。

悲しみにくれる遺族に突き付けられるマイク。
今回そういう不快極まりない映像がないのは
せめてもの救い。
まあ速攻チャンネルを替えてるので
見てないだけかもしれないが。

新聞記者が
「匿名発表だと、被害者の人となりや人生を関係者に取材して事件の重さを伝えようという記者の試みが難しくなります。」
とtweetして炎上している。

被害者の人となりや人生を取材しなくても
事件の重さは結果の重大さだけで充分過ぎるほど伝わる。
記者の試みとは被害者遺族を踏みにじってでも
なされるべきものなのか。

そもそも普段は警察が被害者については非公表としても
それに従わず勝手に発表するメディアもある。
記憶に新しいのは海外でのテロ被害だし
国内でもバスの事故等についても
進んでプライバシーを丸裸にしてもらいたい被害者なんていたのか。
「被害者AさんとBさんは結婚を約束していて幸せの絶頂でしたああ」(実際にはAもBも実名)
とか友人知人にも発表していなかったような情報を
世間に晒すことに何の意味があるのか。

だが今回は「障害者施設だから」ということで非公表に大人しく従うのならば
そこには差別意識があることを告白してるも同然だ。
そもそも障害者と健常者とはどこで線引きがなされるのか。
ある意味私も障害者に片足突っ込んでいるようだが
配慮してもらえる身分を与えられたのだろうか。
そう考えれば悪いことばかりでもないと言えるのだが。

障害者も健常者も本来関係ない。
平等に匿名報道とすればいい。
健常者ならば被害者遺族を踏みにじっていいと言うものでは当然ないはずだ。

今回がきっかけで被害者については匿名報道が当然という流れになれば
悲惨極まりない事件でも後々振り返った際に転換点になったのだと
そこには意味を見つけられるのかもしれない。

もちろん進んで「是非公表したい」と希望する遺族がいるなら今後も出せばいい。