読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

ステロイド服薬開始

翌日遠方からの実姉と妻が飛んできて
一緒に主治医とお話。

途中から女性3人に囲まれた俺が
何だか色々まくし立てられている構図になる。
何なのこの状況。
勘弁してくれよ。

主治医は言った。
『XXさん。
私と貴方が出会ってる時点で普通の状況ではないんです。
ここはちょっと特殊な病院なんですよ』

そして主治医は携帯で呼ばれ
ダッシュでどこかへ。
残されしばし呆然の姉。妻。そして私。
2人は携帯で色々調べはじめた。
電話もかけまくった。
保険屋さんの相談窓口が特に良かったそう。

分かったことと言えば
不運だと謎のめまいで医療機関を受診しても原因も病名も分からず病院たらいまわしになることもある
そしてここはむしろセカンドオピニオン受け入れ側の病院だ
ということ。

きっちり入院していて
治療してもらえるのは幸運だと言うこと。
おかげでどんな窓口も列をすっ飛ばし
最優先で検査の連続。
確かに幸運なのか。

ちょっと自分でも状況受け入れに時間がかかりましたが。
1日遅れでステロイド服薬開始です。

頭が酔っ払い状態でハイすぎて
見舞いに来た人が引くほど元気。
普段よりやたら口数が多い。
それは自分でもわかるほど。
元々非常に物静かと言われた私。
何故か言葉が溢れてくる。

ステロイド副作用なのかこの傾向がさらに強まる。