読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

皮膚科も泌尿器科も

退院連絡を告げた主治医は直後に言った。

「背中のオデキちょっと気になるから皮膚科入れるよ」

痛みの全くないオデキが背中にあった 。
当初から主治医も気付いてはいたものの
まあ悪性ではないだろうと放置。

ところが脊椎のMRIを見ようとした時
このオデキが不自然なほど綺麗な楕円形
しかも真っ白に綺麗に写ったのが
どうも気になるのだと言う。

今まで抵抗力の問題で外来に近付けなかったが
そろそろ丁度いいと。
ついでに数日前告げた泌尿器科も行っちゃおう。
久々の外来行脚だ。

12/17外来が空いた時間にまず皮膚科に呼ばれると聞き待つ。
午後すぐかと思いきやなかなか呼ばれず。
15:30ようやく病室に使者。
もう車椅子で押されるなんてなく
自分の足で歩く。
付き添いもない。
ステロイド服用開始以降初エレベーターホールだ。
皮膚科外来は2階。
窓口まで行き名を告げるとそこの椅子で待てと。
だが席に座り数十分。
なかなか呼ばれず16時も回る。
何でも最優先VIPだった時とはエライ違いだ。
約30分待ちようやく診察室へ。

診察そのものは拍子抜けするほど早い。
シャツまくり背中を見せ終了。

診断結果は「粉瘤」。
大きさから取るには手術。
だが悪性でなく今すぐは必要ない。
むしろステロイド内服中は避けるべき。

手術そのものはまず1日通院で手術。
帰宅後翌日から普通に仕事可能。
ちょうど1週間後に抜糸。
このスケジュールは平日休みの私には合致。
以上だった。

翌12/18今度は昼から泌尿器科だと言う。
12:00規則正しい昼食タイム。
目の前にカレーうどんが置かれ
食べようとしたその刹那。
使者が来た。
えー食事はと言うと
ラップしときますと。
うーむよりによってうどんの日かよと。
後ろ髪引かれつつ今度は1階泌尿器科窓口へ。

どれくらい待つかと思うと
ここでは即診察室へ。
先ずトイレ入らされ膀胱を空にする。
そして下腹部にエコー。
結論から言えば異常なし。
前立腺は普通に小さく膀胱に残尿もなかった。

まあ長年の疑念がクリアになったからいいか。
普通にしてたら泌尿器科行こうとか絶対思わんし。

病室に戻る。
思った以上に早く15分程しか経っていない。
綺麗にラップされた昼食はまだ充分温かく
うどんも延びてはいなかった。

退院まで3日。