読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

病歴の点と線

多発性硬化症について検索していると
排尿障害や鬱などというキーワードが出て来る事がある。
自分の中ではまるで1本の線で繋がるかのようだ。

現在の主治医によると
私の脳の病変はだいぶ古いもので
とりあえずMRIを撮った昨年11月と今年2月では
大きさも位置も全く変化は見られないとのことだ。
いつからあるのか正確には分からないと言う。

記憶を辿って病歴を思い出してみる。

思えば高校時代には既に排尿障害は起きていた。
尿のキレが悪くなり
立ってするとその後に
学生服が汚れるようになってしまった。
以来約25年立ってするのはやめた。

自分では前立腺肥大症の症状が当てはまる気が長年ずっとしていたが
昨年12月の入院中に泌尿器科でも診てもらうとこの可能性は完全否定された。
ただしこの症状は結局今も治っていない。
まあキチンと拭けば済むんだが。

次の異常は27、8歳の頃。
ある日起きた時から
まるで水中やトンネル内にいるような難聴に悩まされた。
近所の老耳鼻科医には一生治らないと脅されたが
自分で大学病院に行くと突発性難聴との診断で
週1で1時間ほどの点滴を数カ月受けると治った。
今の主治医によるとその点滴は恐らくステロイドだろうとのこと。

次は30過ぎ。
激務がピークを迎えている時期だった。
早朝暗いうちに出社し深夜日付が変わるまでの勤務もあった。
プレッシャーも大きく不眠もひどくなり
精神科へ行くと鬱との診断。
得体の知れない薬を大量に処方されたが具合は悪化の一方。
当時の医者からは「勤務先はクビになる人もいる」と言われたが
当時の直属の部長が人柄最高だったため相談。
退職も覚悟の上だったが異動させてくれた。
異動先の部署とは幸い水が合い鬱の症状はピタリと止んだ。
睡眠薬ハルシオンだけは有効だったので
その後も様々な病院で現在までもらい続けている。
最近はほとんど使うことなく眠れている。

そして10年以上平和に過ごしブクブク太って40も過ぎた昨年11月にめまいを発症。
当初は脳梗塞と診断されて緊急入院したものの
原因不明のまま2週間。
ついに今の主治医が多発性硬化症と診断。
ステロイド70mg飲んだ翌日からはめまいはピタリと止んだ。
ステロイドは徐々に減量し今年1月までに終了。

2月に副作用とみられる糜爛性胃炎で苦しんだが
その後今まで4カ月は異常なし。
また同時期から緑内障と診断され目薬キサラタンを毎晩両眼1滴ずつ使用中。
次の検診が来月予定。
眼科医から直接の説明はないがステロイドの副作用に緑内障もあるようだ。

そして現在までのところ
身体はたまに軽いフラつきはあるものの
ひどいめまいは起きてはいない。