読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳若年性脳梗塞余命5年→多発性硬化症 入院生活26日間を終え退院

42歳サラリーマン。2015/11/26めまいで脳外科受診すると「若年性脳梗塞」で緊急入院。さらに痛風 糖尿 心筋梗塞 脳動脈硬化 全て直前状態。このままでは脳以前に余命5年との宣告。生き残るため肉体改造へ12/21まで26日間入院生活で10キロ減。現在の病名は「多発性硬化症」。ツイッターhttp://twitter.com/tahatsu112615

医療用大麻について

予想もしない入院から5カ月。
26日間は長かったが退院からはあっという間だ。

今は幸いにも特に症状はないのだが
多発性硬化症 緑内障 ともに静かに進行中だろう。
緑内障の目薬キサラタンを毎日さすようになったが副作用もある。
正直言って使うのに抵抗もある。
だが放っとくといずれは失明
それは困る。

明日は注目の裁判がある。
山本医療大麻裁判 第二回公判
末期癌の患者さんが生きるため国と闘う。

私自身 入院前まで
大麻と聞いて悪いイメージしかなかった。

入院中に医者に聞いた言葉
「タバコは百害あって一利なし。
 大麻は有用」
ここから関心を持った。

多発性硬化症 緑内障 ともに効能があるという。

超が付くマジメな妻に話すと
当初は「は?何言ってんの」
こんな反応だった。
「大麻=危険ドラッグ=キヨハラ」的な。
まあ普通そうだろう。

以下のマンガのリンクを教えたら
認識を変えてくれた。
f:id:tahatsu1126:20160426135829j:image

作者の方にtwitterで感謝のメッセージを送ると
わざわざご返信までいただいた。

私自身は
反体制とかには現時点では興味はない。
20数年吸い続けたタバコもやめた私は
嗜好品としての利用にも興味はない。
ただ 医療用としての合法化は望む。
自分が抱える病気の2つとも効能があると聞き
興味持たずにはいられない。
結局自分のためだ。

現状 以下の議員さんが理解を示しているようだ。
青木龍馬氏

特に支持政党ない私も彼らの名前は覚えた。